8960style

東京ヤクルトスワローズ、特に#1山田哲人選手、#49渡邉大樹選手を応燕中

寒波が来る前に

f:id:alto-rhapsody:20160118024452j:image

苦しい中でもえみふるがはじけてる…

ちょっと自分の生活があまりにもダラダラしているので、喝を入れるために、戸田行ってきました!喝喝喝ー!

とか言いつつ、着いたのは11時過ぎですが…
家から遠いことと、自分比では早めに起きてサクサク動けたということで。

そんな時間だったので、ノックやバッティング、投手陣のブルペン投球などは終わっており…

f:id:alto-rhapsody:20160118024534j:image

体幹のトレーニングをやっていました。

f:id:alto-rhapsody:20160118024617j:image

f:id:alto-rhapsody:20160118024645j:image

初日から一週間経って、雰囲気はだいぶ柔らかくなった感じがします。

f:id:alto-rhapsody:20160118024659j:image

腹筋プルプルな感じ?

f:id:alto-rhapsody:20160118024715j:image

ハードルを使ってのトレーニング。まずは片足でハードルをまたぎます。

f:id:alto-rhapsody:20160118025209j:image

f:id:alto-rhapsody:20160118025514j:image

廣岡くんが2回ほどハードルを倒し…
今度はくぐるバージョンで、ジュリアスくんがさっそくハードルを倒してえみふるを誘っていました。

f:id:alto-rhapsody:20160118025346j:image

廣岡くん、おそるおそる…

f:id:alto-rhapsody:20160118025328j:image

f:id:alto-rhapsody:20160118025415j:image

高橋くんは柔らかい(赤い手袋の人)。

f:id:alto-rhapsody:20160118025432j:image

最後は後ろ向きにくぐります。

f:id:alto-rhapsody:20160118025453j:image

ボールを使っての2人一組でのトレーニング。ボールは大→小(野球のボール?) へ。

f:id:alto-rhapsody:20160118024802j:image

f:id:alto-rhapsody:20160118025043j:image

高橋くんがボール2つを片手でジャグリングみたいにしてドヤってた。

f:id:alto-rhapsody:20160118025107j:image

(ドヤってたんじゃなかったらごめんなさい)

このほか、小さいコーンをT字に配置して、そのコーンにタッチしながら前後左右に走る… で、タイムを計っていました。

トラックに移動して…
ゆっくり走りながら、いちばん後ろの人がみんなを追い越し、先頭に来たら手を挙げ、それを合図にまた後ろの人が前に来て… というのをやっていました。

f:id:alto-rhapsody:20160118025620j:image

f:id:alto-rhapsody:20160118025637j:image

しかし、本当にむこーの方まで走ってく… 改めてみるとかなり距離がありそう。

ギャラリーのおじさんが、「高橋くんがんばれよおーう」と声をかけ、高橋くんがそれに答える場面も。爽やかですなあ。

私が注目している渡邉大樹くんはちょっと持久走が苦手なのか、ペースが上がってくるとちょっと遅れがちに。
トレーナーさんに、大樹がんばれ!と励まされていました。ギャラリーからもがんばれ〜の声が。

反時計回りと時計回りで何周かずつ、結構長めに走っていました。最後の方で、遅れがちになった渡邉くんを、廣岡くんだったかな?後ろから支えるような感じで走っていて、ほのぼのしました。いいっすね!

私のような、バスケ部を1年で辞めたような人間が同じ感じで語ったらダメですが、私も何しろ持久走がとっても苦手でユウウツだった。遅れていく時の気持ちとか…
でも、トレーナーさんの励まし方とか、同期の廣岡くんとか、とても優しい感じがして、微笑ましかったです。若いからこれからじっくりスタミナつけていけばいいだろうし、自分の良さを信じて進んでほしいですね!

f:id:alto-rhapsody:20160118025714j:image

いやー、見れば見るほど、スワローズの新人ちゃんは皆、とっても良い選手。これからが楽しみです。

月曜は雪の予報も出ているから、グラウンドでの練習はないかもですね。

あと一回ぐらい見に行って、勇気を出してサインの列に並んでみようか…