読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8960style

東京ヤクルトスワローズ、特に#1山田哲人選手、#49渡邉大樹選手を応燕中

YOU CAN

さすがに、トリプルスリーが流行語「大賞」になるとは、予想していませんでした。おかげで、山田くんがいろんな場面で見られるので、ファンとしても嬉しい限りです。
f:id:alto-rhapsody:20151202235544j:image
今日は週べは買う予定でしたが、サンスポとスポニチも買うことになりました。山田くん特需…

ここで、これをご覧ください。
f:id:alto-rhapsody:20151202235624j:image
f:id:alto-rhapsody:20151202235636j:image
こういうレシートには、「ゾロ目だ!」と反応するものだと思いますが、ヤクルトファン山田くんファンとしては、「トリプルスリー伝票」という位置付けになります。このうちの一つは、渋谷から銀座線に乗るときにある神戸屋で買ったときに出たものです。縁起が良いです。その予感どおり、前半戦の打率が3割に乗っていなかったときも乗り越えて、見事に今年達成。

去年、日本人右打者の最多安打記録を更新し、来年がこわいと言っていた山田くん。横浜方面の某解説者も、「2014年を上回る成績を目指すのは大変だし、2015年は成績は下がると思っといた方がいい」とか言ってましたが、去年の偉大な記録も忘れてしまうほどの活躍を今年したわけです。
それに対して、ポッと出みたいな、「流行」語ってどうなんだろう、と正直なところ、ちょっと違和感を覚えました。
でも、報道ステーションの取材で「なんか変っすよね」とリラックスムードで言っていたのを見てちょっと安心…
すごい成績を残した翌年は落ちるもんだなんて、誰が決めたんだ??
山田くんならそんな風潮を軽々と超えてくれるでしょう。

今年のドラフト野手ルーキーが、何人か「トリプルスリー」を目標と言い出したのは、ある意味、流行なのかも?